ローソク足とは?基本的な見方を初心者にもわかりやすく解説

FXの基礎

FXや株取引でチャートを見ていると、必ず目にするローソクの形に似たグラフ。

通称「ローソク足」と呼ばれているものがあります。

これが価格を表しているということは、初心者の方でもなんとなくわかるかと思いますが、実はあのローソク1本から様々な情報を読み取ることができるんです。

 

勝っているトレーダーは、必ずローソク足から正確に情報を読み取って、トレードに生かしています。

トレードする上で、最も重要な情報であると言っても過言ではありません。

今回は、ローソク足の基本的な見方について、初心者にもわかりやすいように解説したいと思います。

ローソク足の各部分

1本のローソク足が何を表しているかと言うと、ある期間における値動きを表しています。1時間足であれば1時間ごとの値動き、日足であれば1日ごとの値動きを表しているんです。

また、ローソク足には陽線陰線があります。上の画像では、実体部が青色になっている方を陽線、赤色になっている方を陰線としています。

陽線はある期間で値段が上がっていることを表しています。実体部が始値の部分から最終的に終値の部分まで上へ伸びたことになります。

陰線は逆にある期間で値段が下がっていることを表しています。実体部が始値の部分から最終的に終値の部分まで下へ伸びたことになります。

 

実体部は、ある期間に値段が始まりと終わりでどのくらい動いたのかを表します。実体部が大きいほど、値動きが大きかったということになります。

ヒゲはある期間における高値と実体との価格差安値と実体との価格差を表します。例えば、上にヒゲが長くなっていれば、それだけ値段を上げようとする力が強かったということになります。

4つの価格を確認できる!

1本のローソク足でなんと4つの価格を確認することができます。

その4つとは、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)です。

それぞれどんな価格を表しているのかと言うと、次のようになります。

  1. 始値:ある期間の最初の値段
  2. 高値:ある期間の最も高い値段
  3. 安値:ある期間の最も安い値段
  4. 終値:ある期間の最終の値段

この中でも高値と安値は、今後の値動きを把握する上で非常に重要となります。

例えば、現在のローソク足の一つ前のローソク足の高値と安値を確認して、現在の高値の方が上回っていれば上昇傾向、現在の安値の方が下回っていれば下降傾向と判断することができます。

もし、高値も安値も両方更新されていれば、どちらに転ぶのか予想しづらい状況と考えることもできます。

このようにいくつかのローソク足を組み合わせて検討することによって、今後の値動きを予想することやトレンドの把握をすることができるのです。

まとめ

今回はローソク足から読み取れることができる情報や値動きを予想する方法について解説しました。

ローソク足のポイントをまとめます。

  • 陽線はある期間で値段が上がっていることを表す。
  • 陰線はある期間で値段が下がっていることを表す。
  • 始値、高値、安値、終値の4つの情報を知ることができる。
  • 高値と安値は、今後の値動きを把握する上で重要
  • いくつかのローソク足を組み合わせて検討することによって、今後の値動きを予想できる。

ローソク足を正確に読み取ることは、FXで勝つための必要事項ですので、初心者の方は必ず身に付けておきたいですね。

今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました