時間足の組み合わせはどれがいい?目的に合った使い方を解説

FXの基礎

チャートには様々な時間足がありますね。

初心者のみなさんは、どのように使い分けていますでしょうか。

私は最初この時間足の使い方がいまいちよくわかりませんでした。何でこんなにいくつも切り替えできるのか、何の意味があるのか理解できていませんでした。

 

トレードする際、一つの時間足ばかり見て、他の時間足を活用にしていないと、なかなか勝つことが難しくなってしまいます。トレンドの流れを正確に把握できないからですね。

今回は、時間足の種類や目的に応じて使い分ける方法を解説します。

初心者の方は、ぜひ読んでいっていただければと思います!

時間足の種類

まず、時間足の種類について説明します。

例えば、トレードの基本の時間足を1時間足とした場合、その他の時間足は「上位足」と「下位足」の2つに分けることができます。

ちなみに、1時間足はほとんどのトレーダーが意識している最もよく使われる時間足です。

上位足

上位足は、月足、週足、日足、4時間足となります。主に大きなトレンドを把握するのに使います。

下位足

下位足は、30分足、15分足、5分足、1分足となります。こちらは上位足よりももっと短いトレンドの把握やエントリーする際に使用します。

かなり細かく分かれていますが、全てを使わなくてもOKです。

上位足と下位足の関係

よく上位足で見た時のトレンドと下位足で見た時のトレンドが逆行していることがあります。

例えば、上位足では上昇トレンドなのに、下位足では下降トレンドとなっているように見えるといった場合です。

時間軸の大きさが違うのでそのようになることがあるのですが、ここで重要なのは、上位足のトレンドの方が下位足のトレンドより継続する可能性高いということです。

 

なぜかというと、上位足のトレンドに注目しているトレーダーが多いからですね。

下位足で発生しているトレンドは、1日に何度もコロコロ変わりますが、上位足のトレンドは比較的長く継続していることが多いです。

下位足で一時的に上位足のトレンドに逆行したとしても、結局上位足のトレンドに戻るということはよくあります。

なので、一般的には上位足のトレンドに逆らわない方が、より優位性のあるトレードができると言われています。

目的によって時間足を使い分けよう!

トレンドを正確に把握するためには、一つの時間足だけをチェックするのではなく、いくつかの時間足を同時にチェックする必要があります。

また、時間足は目的別に使い分けるようにしましょう。

環境認識する場合

環境認識とは、日足や週足など大きな時間軸で見た時のトレンドを確認することです。

現在値が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、それともレンジ相場なのか、ここ最近の動向をしっかりと確認した上でトレードに臨むことが重要です。

エントリーする場合

エントリーを判断するには下位足を使用します。具体的には1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足などですね。

おすすめの使い方は、1時間足でその時の値動きを確認し、より小さい15分足や5分足でエントリーするタイミングを決定するという使い方です。

 

エントリーする時の大切なことは、1時間足や15分足、5分足などだけを見て決定しないということです。

必ず週足や日足、4時間足など大きな時間軸で見た時のトレンドと照らし合わせた上で、本当に今がエントリーポイントなのか判断すべきですね。

まとめ

今回は、チャートの時間足の組み合わせや目的に合った使い方を解説しました。

ポイントをまとめます。

  • 週足、日足、4時間足などの「上位足」は大きなトレンドを把握するのに使う。
  • 1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足の「下位足」は、短いトレンドの把握やエントリーする際に使う。
  • 時間足を目的別に使い分けることで、優位にトレードを進めることができる。
  • 環境認識は日足や週足など大きな時間軸で見た時のトレンドを確認すること。
  • 1時間足でその時の値動きを確認し、より小さい15分足や5分足でエントリーするタイミングを決定するのがおすすめ。

 

初心者の方は、最初どの時間足をみたらいいのかわからないと思いますが、上位足で環境認識をして、下位足でトレードのタイミングを決定するということを意識して実践するとよいと思います。

今回の記事が少しでもお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

たきさんおすすめの海外FX業者

いずれも日本語対応、ゼロカット採用しており初心者でも安心です。

★ボーナスを使って少額でトレードしたいなら、XM、GEMFOREX、FXBeyondがおすすめ

 

★ボーナスなくてもいいからとにかく小さいスプレッドでトレードしたい方はTradeviewがおすすめ

 

FXの基礎
たきさんの海外FXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました