損切り設定と損失額・ポジション量の確認をしよう!初心者がFXを長く続けるためのコツ

FXの基礎

FXは勝っている人が1割で負けている人が9割だと言われています。

ほとんどの人は負けていて、勝っている人はプロトレーダーや経験豊富な人などほんのわずかです。

FXはゼロサムゲームなので、そのわずかな人達が、多くの負けトレーダーから利益を取っているということになります。

 

初心者の多くは負けている9割の方に入ってしまいます。でも、それはある意味仕方のないことでもあります。

最初から順調に勝ち続けるなんてことは、よほど才能のある人でないと無理です。

初心者は、まずトレードの経験を積むことが必要です。

 

そのために重要なことは、相場に長く居続けるということです。

FXを始めてすぐに大きな損失を出して資金が底をついてしまえば、勝つために必要な経験を積む前に即退場になってしまいます。

そうならないためにも、初心者がまずやらなければならないことは、「損切りの設定」と「損失額の確認」です。

今回はこれらについて解説していきます。初心者の方はぜひ読んでいっていただければと思います!

なぜ初心者は大きな損失を出しやすいのか?

ずばり、大きな損失を出してしまいやすい人は初心者です。

なぜかというと、損切りの設定や損失額の確認ができていない人が多いからですね。

FXをギャンブルと同じに考えていて、たいして勉強もせずにトレードを始めてしまえば、当然勝てるわけがありません。

ビギナーズラックで仮にいきなり勝てたとしても、必ずあとでしっぺ返しを食らってしまうでしょう。

 

初心者はまずトレードの経験を積む必要がありますから、最低限退場だけはしないように、資金管理をする必要があります。

世界を代表する投資家のジョージ・ソロスの名言に、次のようなものがあります。

まずは生き残れ、儲けるのはそれからだ」

 

まさにそのとおりだと思います。最初から勝てる人なんて、ほとんどいないのが現実です。

最初は負けるのが当たり前だと考えて、その中で様々な経験を積みながら、だんだんと利益を上げられるようになっていくことを目指すべきだと思います。

とにかくいきなり退場とならないように、最低限のリスク管理をまずは覚えましょう。

それについて次で解説します。

相場に長く居続けるために必要なこと

初心者がリスク管理する上で必ず実践しなければならないことは、下記の3つだと考えます。

  1. 損切り設定
  2. 損失額の確認
  3. 適切なポジション量

一つずつ説明していきます。

損切り設定を必ずする

これはいろいろなところで言われているのでみなさんご存知かと思いますが、特に初心者の方は、必ず実践しておく必要があります。

適切に損切り設定さえしておけば、大きな損失を出してしまうことはありません。

では、適切にとはどういうことかというと、仮に1回負けたとしても、その後もチャレンジを続けることができるように資金を残しておくということです。

 

もしかしたら、5連敗、10連敗してしまうかもしれません。それでも資金がゼロにはならないように調整しておくのがよいです。

さすがにずっと負け続けたらいずれは資金は底をつきますが、1・2回のトレードで全てなくなるようではいけません。

初心者の方は、いきなり儲けようとしないで、まずは経験を積むためになるべく多くトレードできるような損切り設定をしておくのがおすすめです。

 

ちなみに、私は必ずエントリーと共に損切りの決済注文も同時に出すことをルールとしています。

そうすれば、ずっと相場を見続ける必要もないし、負けた時の損失もこの時点でわかっているので、精神的にも落ち着いていられます。

初心者の方にはおすすめです。

 

損切りの設定方法については、下記の記事も参考になるかと思いますので、よかったらご覧ください。

FXのリスクリワードとは?損小利大を実現するために必ず意識しよう!
初心者のみなさんは「リスクリワード」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?私はFXの勉強をしていて初めて知った言葉でした。FXで利益を上げるためには、まず勝率を上げるということが頭に浮かぶと思いますが、このリスクリワー...

損失額を確認しておく

これは損切り確定した時、いくらの損失になるのかを事前に把握しておくということですね。

損失額はエントリー時のポジション量によって変わってきます。また、FX業者によって口座の取引通貨単位が違うので、それを考慮した上でロット数を選択しなければなりません。

この計算ができないと、そもそも損切りの設定ができないし、誤ったポジション量を持ってしまい、思わぬ大きな損失を出してしまう可能性があります。

 

このあたりのことは、下記の記事が参考になりますので、よかったらご覧ください。

FXで使われる損益を表す単位「pips」について解説した記事です。

pipsってそもそも何?なぜわざわざpipsで数えるの?FX初心者にもわかるように詳しく解説
FXについて勉強していると、「pips」という文字を見かけることがあります。経験者であれば当たり前のように使用する単語だと思いますが、私のように初心者であれば何のことかさっぱり分からないという人も多いのではないでしょうか?FXは専門...

取引量と値幅による損益早見表などを記載した記事です。

初心者で少額からFXを始めたい人の資金はいくらが現実的?
初心者で少額からFXを始めたいと考えている人はけっこう多いのではないでしょうか?私も初心者でいきなり大きなお金を使うのは不安なので、まずは少額で様子をみながら始めたいなと考えています。しかし、取引量に対してあまりに少ない資金で始める...

 

とにもかくにも重要なことは、1回のトレードで損切り確定した時、いくらの損失が出るのかをしっかりと計算できるようになることですね。

これがわからないままトレードすることは避けるべきです。

資金に見合ったポジション量でトレードする

初心者の方でよくあるのが、資金に見合った以上のポジションを持ってトレードしてしまうことですね。

その結果、大きな損失を出して退場することになってしまいます。

FXの大きな魅力の一つにレバレッジがありますが、これをよく理解していないと危険です。

 

特にハイレバレッジを効かせれば、少ない資金で大きなポジションを持つことができてしまうのです。

これはうまく使えば大きな武器となるのですが、誤った使い方をすれば一気に資金を溶かすことになりかねません。

具体的には、余裕資金を考えずに、ハイレバレッジを効かせて大きなポジションを持ってしまい、証拠金維持率が低くなってすぐにロスカットされてしまうといった場合ですね。

 

これについては、レバレッジについてしっかり理解すれば、誰でも簡単に避けることができます。

ハイレバレッジとロスカットの関係性について説明した記事がありますので、よかったらご覧ください。

ハイレバレッジは危険というのは本当⁉レバレッジとロスカットの関係性
FXや株取引において、一般的にハイレバレッジは危険だから特に初心者は手を出してはいけないと言われていますよね。私もたまにネットやテレビなどで、それによってとてつもなく大きな借金を背負ってしまった人がいることを耳にすることがあったので、今...

 

危険なのは、何事もよく理解せずに何となくやってしまうことです。

初心者の方は特に適切なポジション量で取引するということを強く意識しておく必要があります。

まとめ

今回は、初心者がFXを長く続けるためのコツとして、損切りの設定と損失額・ポジション量の確認について説明しました。

ポイントをまとめます。

  • 最初から誰でも勝てるわけではない。初心者は最初は負けるくらいに考えておいた方がよい。
  • 初心者はトレード経験を積むために、まずは相場に長く居続けることが大切。
  • 退場しないようにするために重要なことは、「損切りの設定」、「損失の確認」、「適切なポジション量」の3つ。
  • 最低限トレードを始める前に、負けた時の損失額や想定する損失で済ませるためのポジション量などを自分で計算できるようになることが必要。

 

最初は負けて当然くらいの気持ちでいて、経験を積みながら少しずつ勝てるようになっていけるようにしたいですね。

みなさん共に頑張っていきましょう!

この記事が少しでも初心者の方のお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました