押し目・戻り目とは?初心者にもわかりやすいように画像付きで解説

FXの基礎

FXの専門用語に「押し目」や「戻り目」というものがあります。

経験者は馴染みのある言葉かもしれませんが、初心者よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

私も聞いたことがあるくらいで、その意味はよくわかっていませんでした。

気になったので調べてみると、エントリーする際の重要なサインになることが多いということがわかりました。

なので、しっかりと理解しておく必要がありますね。

ということで、今回は押し目や戻り目について、初心者にもわかりやすいように画像を交えながら解説したいと思います。

押し目・戻り目とは?

まずは、押し目や戻り目とはいったい何なのかを説明します。

押し目:上昇トレンドの最中、一時的にレートが下がった時のこと
戻り目:下降トレンドの最中、一時的にレートが上がった時のこと

押し目も戻り目もトレンドの最中に発生するんですね。

トレンド時のチャートってよく見ると、ずっと一方的に動くのではなく、たまに逆方向に少し動いて、またトレンド方向に大きく動いたりしています。

 

下の画像をご覧ください。

上昇トレンドであれば、全体的には大きく上がっているんだけど、部分的に見てみると少し下がっている部分もあります。ちょうどこの下がっている部分が押し目になります。

下降トレンドの場合はその逆で、少し上がったところが戻り目になりますね。

押し目・戻り目を見極めてエントリーしよう!

この押し目・戻り目とサポートラインやレジスタンスラインを組み合わせることによって、より有利にエントリーする方法があります。普通にエントリーするより勝率をあげることができるのです。

サポートラインやレジスタンスラインについては、こちらの記事に詳しく書いてあるので良かったらご覧ください。

サポートライン・レジスタンスラインの引き方や使い方は?初心者必見!
初心者の方はサポートライン・レジスタンスラインを意識してトレードしていますでしょうか?チャートを見る上でまず覚えておきたいのが、この2つのラインですね。これらを意識してトレードするだけでも、立派なエントリーや決済の根拠とする...

 

どのような方法なのか一つ例にあげて説明したいと思います。

レンジ相場からレジスタンスラインを突破して、上昇トレンドに入ったことを根拠にエントリーしたとします。

この時よく起こるのが、チャートの「だまし」に引っ掛かってしまうことです。突破したと思ったら、すぐにまた下がってレジスタンスラインを割ることがあるのです。

まだ上昇トレンドに入っていないのに、エントリーしてしまったことになりますね。

 

そこで、押し目を見極めてエントリーする方法をとれば、このだましを回避できるというわけです。

レジスタンスラインを突破した後、すぐにエントリーせずにいったん様子を見ます。

下の画像のように、ここで少し下がって、またすぐに上がり始めれば押し目であると判断できます。この場合、上昇トレンドに入る可能性が高いということです。

この上がり始めたたところでエントリーすれば、勝率を上げることができるのです。

 

ちなみに、なぜレジスタンスラインを突破したところで押し目が現れやすいのかというと、値が上がったここで売りの利益確定をする人が増えるからですね。

いったん売りが増えたとしても、トレンドの勢いが強ければ再び上昇していくというわけです。

まとめ

今回は、押し目・戻り目について、初心者にもわかりやすいように解説しました。

ポイントをまとめます。

  • 押し目:上昇トレンドの最中、一時的にレートが下がった時のこと。
  • 戻り目:下降トレンドの最中、一時的にレートが上がった時のこと。
  • 押し目・戻り目とサポートラインやレジスタンスラインを組み合わせてエントリーすることによって、チャートのだましを回避し、勝率を上げることができる。
  • 押し目・戻り目をエントリーの根拠にできる。

 

FXの勝率を上げるためには、エントリーや決済の根拠を明確にしてトレードをしなければなりません。

押し目や戻り目は初心者でも比較的わかりやすいので、しっかりと見極められるようにしたいですね。

今回の記事が初心者の方の少しでもお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました