サポートライン・レジスタンスラインの引き方や使い方は?初心者必見!

FXの基礎

初心者の方はサポートライン・レジスタンスラインを意識してトレードしていますでしょうか?

チャートを見る上でまず覚えておきたいのが、この2つのラインですね。

これらを意識してトレードするだけでも、立派なエントリーや決済の根拠とすることができます。

何も考えずにただ何となくトレードをしてしまっている方は、ぜひこの機会にサポートライン・レジスタンスラインの引き方・使い方を覚えていただければと思います。

それでは始めていきましょう!

サポートライン・レジスタンスラインとは?

まずサポートライン・レジスタンスラインとは何なのか説明します。

この2つはチャート上に引いて、トレードの根拠にすることができるラインです。

トレーダーで使っていない人はいないと言っても過言ではないくらい、基本中の基本となるものですね。

サポートライン:レートが下落した後反転したポイント(安値となるポイント)のいくつかを結んだ水平線。直近の安値の目安となるライン。
レジスタンスライン:レートが上昇した後反転したポイント(高値となるポイント)のいくつかを結んだ水平線。直近の高値の目安となるライン。

 

では、この2つのラインの引き方を説明します。と言っても点を結んで水平線を引くだけなのでとても簡単です。

コツとしては、実際のチャートでは安値や高値の点が、下の画像のようにきれいに横に揃っていることはあまりありません。なので、見た感じだいたい揃っているかなと思われるところで水平線を引いてしまってOKです。

サポートラインの引き方

直近の安値の点をいくつか結んで水平線を引きます。

 

レジスタンスラインの引き方

直近の高値の点をいくつか結んで水平線を引きます。

サポートライン・レジスタンスラインを使ってエントリー・決済

では、実際にそれぞれのラインをどのように活用するのかについて、説明したいと思います。

この2つのラインは、トレードする際のエントリーや決済の根拠として活用するこができます。

具体的には、下記の2つのパターンがあります。

それぞれのラインで反転した時

下の画像は、サポートラインで止まって反転した後、少し上がったところで買いエントリーするパターンです。レジスタンスラインまでレートが上がることが期待できます。利益確定はレジスタンスライン手前に設定するのがいいですね。

 

こちらは、レジスタンスラインで止まって反転した後、少し下がったところで売りエントリーするパターンです。サポートラインまでレートが下がることが期待できます。利益確定はサポートライン手前に設定するのがいいですね。

それぞれのラインを突破した時

下の画像は、レジスタンスラインを突破した後、そのまま少し上がったところで買いエントリーするパターンです。ここから上昇トレンドに入ることを期待できます。

注意点としては「だまし」が起こって再びレジスタンスラインに戻ってしまうことがあるということです。

 

こちらはは、サポートラインを突破した後、そのまま少し下がったところで買いエントリーするパターンです。ここから下降トレンドに入ることを期待できます。

注意点としては「だまし」が起こって再びサポートラインに戻ってしまうことがあるということです。

まとめ

いかがででしたでしょうか。サポートライン・レジスタンスラインはFXトレードをする上で、基本中の基本となるものですから、ぜひ覚えておきましょう。

当記事をまとめます。

  • サポートラインとは、直近の安値となるポイントをいくつかを結んだ水平線。
  • レジスタンスラインとは、直近の高値となるポイントをいくつかを結んだ水平線。
  • 初心者はまずサポートライン・レジスタンスラインを根拠としてトレードするのがおすすめ。
  • エントリーポイントの目安は、それぞれのラインで反転した後、またはそれぞれのラインを突破した後

 

トレードするのにルールがなく、何となくやってしまっている方は、まずはこの2つのラインを使ってトレードしてみましょう。

初心者でも比較的わかりやすいですし、トレードする上で必ずのちに生きてくるはずです。

この記事が少しでも初心者の方のお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました