先週11/23(月)~11/27(金)のトレード結果

トレード記録

こんにちは!たきさんです。

前回の記事で書いたエントリー予定ですが、セットしておいた2つの通貨ペアが両方共ヒットしました。

今回はその結果について書きたいと思います。

エントリー根拠等の詳細はこちらです。

GBPUSD トレード結果

まずはこちら。GBPUSDです。

4時間足チャート

チャートパターンが「上昇トライアングル」のような形になっていたので、レジスタンスラインのブレイクアウトを狙ってロングしてみました。

11/23 3:13、セットしておいた逆指値1.33179にヒットして、いったん停滞しましたが、その数時間後に一気に上昇。

同日の10:41には決済指値の1.33662に刺さり+48pips獲得。危なげない思い通りの展開でしたね。

20,000通貨の取引で、+10,025円でした。

EURGBP トレード結果

2つ目はこちら。EURGBPです。

1時間足チャート

サポレジを自分なりに設定して、今回はサポートラインのブレイクアウトを狙いショートしました。

11/23 8:00、セットしておいた逆指値0.89094にヒットして、その後順調に下落していきました。

これはいける!と思っていたのですが、翌日から下げ止まり上昇傾向に。しばらくエントリー価格付近を行ったり来たりしていたのですが、27日に一気に上昇。

そして同日の17:56に決済逆指値0.89594に刺さりあえなく損切り。-50pips、15,000通貨の取引で-10,405円でした。

反省点としては、目指していた利確50pipsに届かず、値動きが上昇傾向に変わり、建値まで価格が戻ったところで決済しておくべきだったと思います。

建値に戻ってから数日間は、大きな値動きがなかったのでそこでいったんリセットすべきでした。

自分のエントリー根拠が崩れたら躊躇なく損切りすべきとよく言われていますが、その決断が本当に初心者には難しいですね。

「また戻るかもしれない」というわずかな希望を捨てられないんです。そして結局玉砕するという・・・

1日も早くこの初心者の考えを早く脱したいと思います!

まとめ

この週は2戦して1勝1敗の-380円という結果でした。

自分なりのエントリー根拠を持ってトレードできたことは良かったと思います。

あとは利確と損切りのタイミングをもっと考えていかなければいけませんね。

今回は機械的に50pipsと決めていましたが、これを30pipsだったり100pipsだったり、ケースバイケースで柔軟に対応できるように考えたいと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました