たきさんのトレード記録7 損切り確定で2敗目喫する

トレード記録

こんにちは!たきさんです。

中国で見つかった新型コロナウィルスの感染者が日本やアメリカでも見つかり、世界的な感染拡大が懸念されていますね。

そんなこともあり、ここ最近絶好調であった米国株も少し下落しております。とは言っても、まだまだ株高は続いている状況です。

あまりに高くなっていたので買うのを控えていたのですが、ここで少し安くなったら買い増そうかななんて考えたりしています。

 

さて、為替相場のドル/円は、相変わらずレンジになっているようですね。昨日は少し下落して、109円代後半となっていましたが、今日になってまた110円代前半に戻しています。

今回は、前回買い指値注文でエントリーした建玉が、その後どうなったのかについて書きたいと思います!

前回の記事はこちらです。よかったらご覧ください。

たきさんのトレード記録6 買いの指値注文にヒット!2勝目なるか!?
こんにちは!たきさんです。前回はレンジ相場の時、買いと売りの逆指値注文を同時に出して、一方にかかったらもう一方をキャンセルするという方法について書きました。こちらの記事です。今回は同時に出しておいた逆...

トレード結果 決済逆指値にかかって損切り確定

-44pips(-441円)でした。エントリー価格110.21、決済価格109.770という結果でした。

1/17(金)にレジスタンスラインをブレイクアウトしたところで、逆指値にかかって買いエントリー。その後、思惑どおりに上がっていかず、またレジスタンスラインを割って再びレンジへ。

先週の18日(土)・19日(日)を挟んで、20日(月)もアメリカが祝日だったこともあり、相場は大きく動きませんでした。

そして、21日(火)の20時にサポートラインを一時的割ったところで決済逆指値にかかってしまいました。

これでここまでの勝敗は、1勝2敗1分けになりました。

反省点

FXって難しいですね。(笑)

そりゃ、まだトレード始めて4回目だから、そんな簡単に勝てるようになるわけがありません。

今回のトレードを振り返ってみます。まず、レジスタンスラインをブレイクアウトして、逆指値でエントリーしたところまでは良かったと思います。

しかし、その後レートがそのまま上へ行かず、レジスタンスラインを割ってレンジへ戻りました。

 

今考えると、この時点で思惑どおり動かなかったので、損切りして一度仕切り直しても良かったのかなと思います。そうすれば、損失をもっと少なくできていたはずです。

仮にここから再び値が上がって、レジスタンスラインを越えていったとしても、それはただの偶然でしかないですからね。

 

難しいなと感じたことは、直近のレジスタンスラインをブレイクアウトしても、またレンジに戻ってしまうことがあるということです。

前回は、そのままレジスタンスラインを突き抜けて、上がっていってくれたのですが、今回は違いました。

そういうこともあるんですね…。そりゃそうか。(^_^;)

 

今度はレジスタンスラインやサポートラインのすぐ近くではなくて、もう少し離れたところ、余裕を持った位置に逆指値を入れてみようかな、なんて考えたりしています。

これからいろいろ試してみて、早く自分なりのトレード手法を確立できるようになりたいですね。

まとめ

ということで、今回は負けとなってしまいましたが、引き続き焦らずにトレードしていこうと思います。

私は今、口座開設ボーナス3,000円のみを使ってトレードしていますよ。

今回の負けで有効証拠金は2,581円まで減ってしまいましたが、スタンダード口座で0.01ロットずつトレードすれば、まだまだ試すことはできます。

興味ある方は、XMで新規口座開設してみてはいかがでしょうか。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました