たきさんのFXトレード記録8 逆指値でエントリーするも思惑どおり動かず撤退

トレード記録

こんにちは!たきさんです。

新型コロナウィルスの感染拡大がますます勢いを増していて、今のところ収束する気配がまったく感じられませんね。

これが為替相場にどんな影響をもたらすのか、とても気になるところであります。

そんな中、本日深夜にFOMC金融政策の発表を控えています。政策金利は現状維持が予想されているので、動きはあまりないと踏んでいますがどうなんでしょうかね。

 

さて、今回は今日のトレード結果について書きたいと思います。よかったらご覧ください!

エントリー詳細

エントリー時の詳細は下記のとおりです。

エントリー内容

今回もレジスタンスラインのすぐ上とサポートラインのすぐ下に、逆指値注文を2つ同時に出しておきました。それぞれ上と下にブレイクアウトを狙ったエントリーです。

  • 通貨ペア:ドル/円
  • タイプ:買い
  • 注文方法:逆指値
  • 数量:1,000通貨(0.01ロット)
  • エントリー価格:109.180
  • 決済逆指値:108.670
  • 決済指値:109.680
  • 通貨ペア:ドル/円
  • タイプ:売り
  • 注文方法:逆指値
  • 数量:1,000通貨(0.01ロット)
  • エントリー価格:108.670
  • 決済逆指値:109.180
  • 決済指値:108.170

 

4時間足チャート

先週1/24(金)の終値109円25銭から、今週1/27(月)は108円85銭と40銭ほど窓を開けて始まりました。

その後大きな値動きはなく、今日1/29(水)まで108円72銭から109円13銭と狭い範囲でレンジ相場が続いていました。

エントリー根拠

先週の下降トレンドから、今週に入って108円20~30銭付近でいったん下げ止まり、その後は109円代前半を上値にレンジ相場となっていました。

エントリー根拠は前回と同じで、レンジに切り替わったところで、レジスタンスラインまたはサポートラインのブレイクアウトを狙いました。よって、買いと売りの逆指値注文を同時に出した形ですね。

昨日の夜に注文を出しておいたのですが、今日の朝確認してみたら、買いの逆指値注文にかかっていました。

新型コロナウィルスの影響で、ドル売り優勢かと思っていたのですが、意外にもヒットしたのは買いの逆指値注文でした。

トレード結果

+3pips(+32円)でした。エントリー価格109.180、決済価格109.212という結果でした。

4時間足チャート

レンジの高値109円13銭を更新して、エントリーポイントである109円18銭で逆指値注文にかかりました。

その後、上昇トレンドに転換することなく、109円代前半をうろうろした後、再び108円代後半へと戻っていきました。

 

今回はエントリーしてから思惑どおり値が上がらなかったので、いったんエントリーポイント付近まで戻した109円21銭の時に、潔く成行決済で手仕舞いしました。

前回はそのまま様子を見て、結果的に-44pipsという結果になってしまいましたので、その反省を生かせたのは良かったです。おかげでほんわずかですが、プラスで終わることができました。

まとめ

今回も勝つことができませんでしたが、負けもしなかったので、まあ良かったのかなと思います。

今のところ、レジスタンスラインとサポートラインのブレイクアウトをエントリーの根拠にトレードしていますが、なかなかうまくいきませんね。

ラインを超えてエントリーしても、すぐレンジに戻ってしまうことが多いです。逆指値を置く位置をもう少し考えてみたい思います。

それでは今日はこの辺で。

 

たきさんおすすめの海外FX業者

いずれも日本語対応、ゼロカット採用しており初心者でも安心です。

★ボーナスを使って少額でトレードしたいなら、XM、GEMFOREX、FXBeyondがおすすめ

 

★ボーナスなくてもいいからとにかく小さいスプレッドでトレードしたい方はTradeviewがおすすめ

 

トレード記録
たきさんの海外FXブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました