XMの取引口座タイプ(スタンダード・マイクロ・Zero)で初心者におすすすめな口座はどれ?

XM

XMで初めて口座開設するにあたり、まず取引口座タイプを選ぶ必要がありますね。

スタンダード・マイクロ・Zeroと3種類用意されていますが、それぞれどんな特徴があって何が違うのか?自分はどの取引口座を選択するのがいいのか?

ホームページの説明だけでは少しわかりづらいかもしれません。

 

几帳面な私は、3つの取引口座についてしっかり理解してから口座を開設しようと考え、徹底的に調べてみました。

そして、調べたことを整理するために、この記事に詳しくまとめました。

私と同じ初心者の方にもわかりやすく理解できるように書いたつもりです。

 

しっかり理解して自分に合った取引口座を開設すれば、後で後悔することがなく、安心して取引をスタートできますよね。

XMの取引口座をどれにしようか迷っている方は、ぜひ読んでいってもらえればと思います。

 

3つの取引口座を比較

まず、それぞれの取引口座の違いを比較できるように、主な項目について表にまとめました。

項目 マイクロ口座 スタンダード口座 Zero口座
取引通貨単位 1lot=1,000通貨 1lot=100,000通貨 1lot=100,000通貨
最大レバレッジ 500倍 888倍 888倍
入金額以上の損失 なし なし なし
スプレッド 最低1pips 最低1pips 最低0pips
取引手数料 なし なし 1lotにつき5ドル
(片道)
最小取引単位 0.01lot(MT4)
0.1lot(MT5)
0.01lot 0.01lot
最大ロット数/1通貨ペア 100lot 50lot 50lot
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり あり なし
XMP
(XMTradingポイント)
あり あり なし
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル

 

それでは1項目ずつ詳しく見ていきましょう。

取引通貨単位

スタンダード口座とZero口座は1lot=100,000通貨、マイクロ口座は1lot=1,000通貨となっています。

マイクロ口座は他の2つと比べて1/100の取引通貨単位となっているので、より小さい金額で取引することが可能となっています。

ちなみに、1通貨は米ドルであれば1ドル、1,000通貨であれば1,000ドルということになります。

最大レバレッジ

スタンダード口座とZero口座は888倍、マイクロ口座は500倍となっています。

マイクロ口座のみ少し低くなっていますが、それでも日本のFX業者の25倍と比べればかなりのハイレバレッジです。レバレッジという観点からだけ見れば、物足りないということはないと思います。

入金額以上の損失

どの口座を選択しても入金額以上の損失はありません。いわゆる「ゼロカットシステム」というやつですね。

日本のFX業者ではこのシステムがありませんので、海外FX業者を利用する大きなメリットです。

私は、FXは入金額以上の大きな損失を被る可能性があるとずっと思っていたので、このようなシステムがあると知って驚きました。

FXをやってみようと思ったもこれがあるからですね。安心感が全然違います。

スプレッド

スタンダード口座とマイクロ口座は最低1pips、Zero口座は最低0pipsとなっています。

スプレッドが小さいのがZero口座の最大の特徴となっています。

一般的に海外のFX業者は日本のFX業者よりスプレッドが広いのですが、このZero口座のスプレッドは日本のFX業者並みに狭くなっています。

「それじゃ、Zero口座が一番お得じゃん!」と思うかもしれませんが、次に説明する取引手数料が掛かったり、入金ボーナスが適用されなかったりするので、一概にそうとも言えません。

取引手数料

スタンダード口座とマイクロ口座はなし、Zero口座は1lotにつき5ドル(片道)となっています。

Zero口座はスプレッドが狭いのですが、その代わり取引手数料がかかります。

1lotにつき片道5ドルですから、往復(発注と決済)で10ドル=約1,000円ほどかかるということですね。

取引手数料はかかるものの、スプレッドが狭いのでトータルコストは抑えられます。特にデイトレードなどで1日に何回もトレードする人に恩恵があります。

最小取引単位

どの口座も0.01lotから取引可能となっています。(※マイクロ口座のみMT5では0.1lotから)

ここで一つ確認しておきたいのが、各口座の取引通貨単位です。スタンダード口座とZero口座は1lot=100,000通貨、マイクロ口座は1lot=1,000通貨でしたね。

0.01lotから取引可能ということは、100,000通貨×0.01lot=1,000通貨となり、スタンダード口座とZero口座でも実は1,000通貨での取引が可能なんです。

 

スタンダード口座でもlot数を調整することによって、リスクを抑えながら取引できるということですね。

マイクロ口座ではさらに1,000通貨×0.01lot=10通貨(ドル/円であれば1,000円程度)から取引できます。

最大lot数/1通貨ペア

1通貨ペアあたりの最大lot数は、スタンダード口座とZero口座は50lot、マイクロ口座は100lotとなっています。

初心者の方であれば、最初から大きなlot数で取引しないと思いますので、それほど気にしなくていいかと思います。

ただし、マイクロ口座では最大の100lotでも、1,000通貨×100=100,000通貨であり、スタンダード口座の1lot分です。

レバレッジを使えば意外と簡単に取引できてしまうポジション量なので、慣れてくると物足りなく感じるかもしれません。その時は新たにスタンダード口座を開設すれば良いですね。

口座開設ボーナス

全ての口座でありとなっています。口座開設ボーナスとは、新規で口座を開設した時に貰える3,000円分のボーナスです。

ただで貰えるのですからありがたいですね。これを元手に試しにトレードしてみるなんてこともできます。

ちなみに、このボーナスを使って獲得した利益は出金できますが、これ自体は出金できないことになっています。また、出金の際にその額に応じた割合でボーナスが消失します。

入金ボーナス

スタンダード口座とマイクロ口座はあり、Zero口座はなしとなっています。

入金ボーナスとは、口座に入金した時に貰えるボーナスで、入金額に対して500ドルまでは100%、500ドルを超えた分は20%の割合で貰えます。

ボーナスの総合計が5,000ドルに達するまで、入金する度に貰えるというかなりお得なサービスです。

 

例えば、1,000ドル入金すると貰えるボーナスは、

500ドル×100%+500ドル×20%=600ドル

入金した1,000ドルと合わせると、1,600ドルの取引が可能ということになりますね。

ただし、口座開設ボーナスと同じで、このボーナスを使って獲得した利益は出金できますが、これ自体は出金できないことになっています。また、出金の際にその額に応じた割合でボーナスが消失します。

XMP(XMTradingポイント)

スタンダード口座とマイクロ口座はあり、Zero口座はなしとなっています。

XMでは「ロイヤルティプログラム」というポイント制度があり、1lotの取引一往復ごとにXMPというポイントが付与されます。

4つのステータス(ランク)ごとに付与されるXMPが決まっていて、最初の「Excutive」というステータスでは10XMP、最も高い「Elite」というステータスでは2倍の20XPMをもらうことができるのです。

 

このXMPは、クレジットボーナスに交換して取引に使用することができます。

クレジットボーナスの計算式:XMP÷3

例えば、10XMPを交換すると、10XMP÷3=3.33ドルのボーナスが手に入ります。

「Excutive」でも1lotの取引を一往復すると、333円分ボーナスが貯まるということですね。かなりお得なのではないでしょうか。

 

このポイント制度が美味しくてXMを選んでいる人もけっこういるようですね。

Zero口座は適用外となっているのが残念なところです。

なお、他のボーナスと同じように、このボーナスを使って獲得した利益は出金できますが、これ自体は出金できないことになっています。また、出金の際にその額に応じた割合でボーナスが消失します。

最低入金額

スタンダード口座とマイクロ口座は5ドル、Zero口座は100ドルからとなっています。

円に換算すると、約500円と10,000円ですが、Zero口座だけ若干高いものの、まったく問題にならないレベルかと思います。特に気にしなくていいですね。

 

初心者におすすめな取引口座はこれだ!

私が初心者におすすめするのは「スタンダード口座」または「マイクロ口座」です。

このどちらかで迷うのであれば、スタンダード口座を開設しておけば間違いないと思います。

それぞれの口座の主な特徴をとまめます。

スタンダード口座

  • XMのお得なボーナスを全て利用することができる。
  • ハイレバレッジの醍醐味を味わえる。
  • 最小取引単位0.01lot=1,000通貨から取引できるため、初心者でも始めやすい。
  • 大きなポジション量を持つこともできるため、ガッツリ稼ぎたい人も問題なし。
  • 初心者にも経験者にもおすすめできる。
  • 入金額以上に損失を被ることはない。

マイクロ口座

  • XMのお得なボーナスを全て利用することができる。
  • 取引通貨単位1lot=1,000通貨なので、少額から始めることができる。0.01lotなら10通貨からの取引も可能。
  • 小さいポジション量から始められるため、FXに慣れていない初心者におすすめ。
  • 最大lot数が1通貨ペアあたり100lotのため、大きなポジション量も持ちたい人には物足りないかも。
  • 入金額以上に損失を被ることはない。

Zero口座

  • スプレッドが小さいので、スキャルピング(数秒から数分で完了する取引を1日に何度も行う手法)や自動売買システムを稼働させるのに適している。
  • 入金ボーナスやXMPが適用外なのが残念
  • 入金額以上に損失を被ることはない。

 

まとめ

今回は、XMの3つの取引口座タイプであるスタンダード・マイクロ・Zero口座について、それぞれの特徴やおすすめポイントをまとめてみました。

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは、取引通貨単位とレバレッジのみでその他は同じです。

 

資金が少なく、慣れるまであまりリスクを取りたくない初心者は、マイクロ口座を選択するのがいいかもしれませんね。

そこで経験を積んでから、スタンダード口座に移るのも全然ありだと思います。

ある程度経験がある人は、スタンダード口座一択で良いのではないしょうか。

 

いずれにしても、それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合った取引口座を選択することが重要ですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました