BXONEからXMへ入金すると最大500ドルのボーナスが貰えるキャンペーン実施中

ボーナス

2020年3月3日追記
※こちらのキャンペーンは終了しています。

XMでは2020年2月1日よりオンラインウォレット「BXONE(ビーエックスワン)」からXMの口座へ入金すると、最大500ドルの取引ボーナスが貰えるキャンペーンを行っています。

期間限定でいつまでやっているのかは公表されていません。そもそもこのキャンペーンが行われていること自体、XMの公式ページに載っていませんね。

私は会員ページトップの「ボーナス」のところに新しく加わっているのを見つけて気がつきました。

通常の入金ボーナスとは別に、BXONEから入金した時だけ貰えるボーナスになります。

昨年にも同様のキャンペーンがあったようですが、今年も2月1日より行われていますので、この機会にぜひ入金ボーナスをゲットしてみてはいかがでしょうか。

今回は、BXONEからXMの口座へ入金すると取引ボーナスが貰えるキャンペーンについて解説したいと思います。

どのくらいの入金でいくら取引ボーナスが貰えるの?

BXONEからの入金額に対し、10%の取引ボーナスを受け取ることができます。

ボーナス上限金額は500ドルとなっていますので、そこに達するまで入金する度に貰えます。

例として、実際に貰えるボーナスを表にしてみました。

入金額ボーナス適用率ボーナス額有効証拠金
10,000円10%1,000円11,000円
100,000円10%10,000円110,000円
250,000円10%25,000円275,000円
500,000円10%50,000円550,000円
700,000円10%50,000円750,000円

50万円までは入金額の10%のボーナスが貰えますが、例えば70万円入金したとしても、上限額である500ドル(≒5万円)までしか貰うことができません。

入金ボーナスを貰う方法

BXONEを利用してXMへ入金すれば、自動的に口座へ取引ボーナスが反映されます。特に申し込み等する必要はありません。

取引ボーナスは、口座の「クレジット」という項目に加算されます。ちなみに、「残高」は実際に入金した額が表示され、「残高」+「クレジット」=「有効証拠金」になります。

注意点として入金ボーナスを貰うことができるのは、「スタンダード口座」と「マイクロ座」の2種類になります。「Zero」口座では貰えませんので注意してください。

XMでは他にも最大5,000ドルまで貰えるお得な2段階入金ボーナスがありますが、そちらも同様に、「スタンダード口座」と「マイクロ座」のどちらかでないと受け取れないので覚えておきましょう。

BXONEを利用した入金方法については、こちらの記事に詳しくまとめてありますので、よかったらご覧ください。

出金する際の注意点

獲得した利益を出金する際、2つの注意点があるので確認しておきましょう。

ちなみに、下記の注意点はXMのすべてのボーナスにおいて同様です。

入金ボーナスは出金不可

入金ボーナスは、出金することができません。あくまでトレードにのみ利用できる証拠金であることを覚えておきましょう。

ボーナスを使って獲得した利益分については、いつでも出金可能です。

出金すると一定のボーナス額が消失する

XMでは出金すると、出金額に応じて相応のボーナスが消失する仕組みとなっています。残高に対して、出金額が大きいほど消失するボーナス額も大きくなります。

以下の表にボーナスが消失する例を示します。

入金額ボーナス額トレードによる損益残高(入金額+損益)出金額消失するボーナス額
100,000円10,000円なし100,000円25,000円10,000×25,000÷100,000=2,500円
100,000円10,000円25,000円125,000円50,000円10,000×50,000÷125,000=4,000円
100,000円10,000円50,000円150,000円75,000円10,000×75,000÷150,000=5,000円

まとめ

今回は、BXONEからXMへ入金すると最大500ドルのボーナスが貰えるキャンペーンについて書きました。

ポイントをまとめます。

  • BXONEからの入金額に対し、10%の取引ボーナスを受け取ることができる。
  • ボーナス上限金額は500ドル
  • BXONEを利用してXMへ入金すれば、自動的に口座へ取引ボーナスが反映される。
  • 入金ボーナスを貰うことができるのは、「スタンダード口座」と「マイクロ座」の2種類
  • 入金ボーナスは出金することができない。
  • 出金すると、出金額に応じて相応のボーナスが消失する。

こういったキャンペーンをうまく利用して、効率よく稼いでいきたいですね。

今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました