XMのFX計算ツール② ピップ値計算機を使えば簡単に1pipsあたりの損益額がわかる!

FX計算ツール

為替相場から早い段階で退場することになってしまう方の多くは、自分の適正ロットを把握できていないからではないでしょうか。

資金とポジション量のバランスが取れていないため、一回のトレードで大きな損失を被ってしまったり、数回負けただけで資金が尽きてしまったりといった話をよく耳にします。

初心者の方はトレードをするにあたって、必ず自分の適正ロットを知っておく必要がありますね。

そのためには、まずpips(ピップス)という単位をしっかりと理解しておかなければなりません。

FXを始めたばかりの方は、このpipsがけっこうわかりづらくて厄介ではないでしょうか。私も慣れるまで何回も「えっと、1pipsはいくらだっけ?」なんて考えたりしていました。

pipsについては、このブログで詳しく解説している記事がありますので、よかったらご覧ください。

さて、みなさんはXMの公式ページにあるFX計算ツールの中に、「ピップ値計算機」というものがあるのをご存知でしょうか?

とても便利なツールになっていますので、今回使い方などを詳しく解説したいと思います。

それでは始めていきましょう!

ピップ値計算機でわかること

このツールでは、下記について確認することができます。

ピップ値計算機

口座の基本通貨のロット数に応じた1ピップスあたりの損益額がわかる。

これがわかれば、自分の資金に対してどのくらいのロット数が適正なのか、また損切りをどこに設定すればよいのか決定しやすくなると思います。

口座タイプやロット数を入力するだけで、自動的に計算してくれますのでとても便利です。 特にマイナーな通貨ペアの計算は、自分でしようと思うとけっこうややこしいのでありがたいですね。

なお、ロット数が上がれば当然1ピップスあたりの損益額も上がりますので、初心者の方は十分注意しましょう。

ピップ値計算機の使い方

XMのピップ値計算機はこちらからどうぞ。XMに口座を開設していない方でも利用できます。

それでは、早速使い方を見てみましょう。

下の画像の赤枠内に必要事項を入力していきます。

入力項目
  • 通貨ペア: 調べたい通貨ペアをプルダウンメニューより選択
  • 口座の基本通貨:該当の通貨をプルダウンメニューより選択
  • 口座タイプ:該当の口座タイプをプルダウンメニューより選択
  • ロット数量:希望のロット数を入力

すべて入力したら、緑色の【計算する】ボタンをクリックします。

すると、計算結果が下の画像の赤枠内に表示されます。

計算結果
  • ピップ値(JPY)口座の基本通貨:自分の口座の基本通貨に換算した 1ピップスあたりの損益額
  • ピップ値(USD)変換された通貨通貨ペア右側の通貨に換算した1ピップスあたりの損益額(上の画像では通貨ペアEUR/USDを選択しているので、USDで換算した損益額が表示されている。)

ロット数に応じた1ピップスあたりの損益額をとても簡単に確認することができますね。

まとめ

今回は、XMの損益計算機の使い方について解説しました。

ポイントをまとめます。

  • XMのピップ値計算機を使えば簡単にロット数に応じた1ピップスあたりの損益額がわかる。
  • 1ピップスあたりの損益額がわかれば、自分の資金に対してどのくらいのロット数が適正なのか、また損切りをどこに設定すればよいのか決定しやすくなる。

特に初心者の方は、こういった便利なツールを積極的に活用してトレードに生かしていきたいですね。

今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました