XMのFX計算ツール① 損益計算機を使えば簡単に損失額・利益額がわかる!

FX計算ツール

為替相場に長く居続けるためには、必ず損切り設定をして1回の損失をなるべく抑える必要があるということは言うまでもありませんね。

初心者の方は、損切り時の損失額や利益確定時の利益額を自分できちんと計算できますでしょうか?

私はまだ初心者なので、毎回自分で計算するようにしています。最初のうちは、取引量や値動きによってどのくらいの損益が発生するのかを理解するためにも、自分で計算をできるようになっておいた方がいいですね。

これができないと、思わぬ大きな損失を出し、ロスカットになってしまうなんていうこともあり得ます。

ただ、慣れてくると毎回自分で計算するのも面倒だなと思うかもしれません。そんな時便利なのが、XMの公式ページにある「損益計算機」です。

これを使えば、簡単に希望の損切り・利益確定レートやトレードの損失・利益額がわかるんです。

今回は、XMの損益計算機の使い方について解説したいと思います。

それでは始めていきましょう!

損益計算機でわかること

損益計算機には「損切り/利益確定額」、 「損切り/利益確定レベル」 の2つの計算ツールが用意されています。

それぞれのツールで確認できることは下記の内容になります。

損切り/利益確定額

ある条件における許容損失額・希望利益額を入力すると、その時の損切り・利益確定レートやピップス幅を確認することができる。

損切り/利益確定レベル

ある条件における許容損切りポイント・利確ポイント(10ポイント=1ピップス)を入力すると、その時の損失額・利益額を確認することができる。

事前に損失額や利益額がわかっていれば、精神的に落ち着いてトレードに臨むことができますね。特に初心者の方は、しっかりとこれらを把握しておくようにしましょう。

2つの損益計算機 の使い方

XMの損益計算機はこちらです。リンク先の「損益計算ツール」より該当ページに行くことができます。

ちなみに、XMに口座を開設していない方でも利用できます。

それでは、それぞれの使い方を見てみましょう。

「損切り/利益確定額」の使い方

下の画像の赤枠内に必要事項を入力していきます。

入力項目
  • 口座の基本通貨:該当の通貨をプルダウンメニューより選択
  • 通貨ペア:調べたい通貨ペアをプルダウンメニューより選択
  • 口座タイプ:該当の口座タイプをプルダウンメニューより選択
  • ロット数量:希望のロット数を入力
  • オープン価格:注文予定のレートを入力
  • 損切り価格を設定する:自分の許容損失額を入力(2万円であれば20,000と入力)
  • 利益確定価格を指定する:利確したい額を記入(10万円であれば100,000と入力)
  • 取引タイプ:「買い」または「売り」をクリックで選択

すべて入力したら、緑色の【計算する】ボタンをクリックします。

すると、計算結果が下の画像の赤枠内に表示されます。

計算結果
  • 損切り価格:許容損失額に達する時のレート
  • 利益確定価格:利確したい額に達する時のレート
  • 損切りピップス:許容損失額に達する時のピップス幅
  • 利益確定、ピップス: 利確したい額に達する時のピップス幅
  • ピップ値(JPY):1ピップスあたりの金額(上の画像では 1ピップスあたり1,000円であることがわかる。)

許容損失額、希望利益額に達する時のレートやピップス幅をこれで簡単に確認することができますね。

「損切り/利益確定レベル」の使い方

下の画像の赤枠内に必要事項を入力していきます。

入力項目
  • 口座の基本通貨:該当の通貨をプルダウンメニューより選択
  • 通貨ペア:調べたい通貨ペアをプルダウンメニューより選択
  • 口座タイプ:該当の口座タイプをプルダウンメニューより選択
  • ロット数量:希望のロット数を入力
  • 損切り設定値:損切りポイントを入力(10ポイント=1ピップス)
  • 利益確定設定値:利確ポイントを入力(10ポイント=1ピップス)

「損切り設定値」・「利益確定設定値」の数値は、単位がピップスではなく、ポイント(10ポイント=1ピップス)であることに注意してください。

すべて入力したら、緑色の【計算する】ボタンをクリックします。

すると、計算結果が下の画像の赤枠内に表示されます。

計算結果
  • 損失:損切り設定値に達する時の損失額(上の画像では損切り20ピップスの時の損失額が20,000円)
  • 利益:利益確定設定値に達する時の利益額(上の画像では損切り100ピップスの時の利益額が100,000円)

損切り・利確ピップス幅に達する時の損失額・利益額をこれで簡単に確認することができますね。

まとめ

今回は、XMの損益計算機の使い方について解説しました。

ポイントをまとめます。

  • XMの損益計算機には、「損切り/利益確定額」、「損切り/利益確定レベル」の2つのツールが用意されている。
  • 「損切り/利益確定額」は、ある条件における許容損失額・希望利益額を入力すると、その時の損切り・利益確定すべきレートやピップス幅を確認することができる。
  • 「損切り/利益確定レベル」は、ある条件における許容損切りポイント・利確ポイント(10ポイント=1ピップス)を入力すると、その時の損失額・利益額を確認することができる。

特に初心者の方は、こういった便利なツールを積極的に活用してトレードに生かしていきたいですね。

今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました